ためになるようでならない いろんな話

pochi memo

私とandymori

2018/11/25
 

私のこの世で1番好きなバンドはandymoriと言います。今までもこれからも永遠にずっと好きなバンドだと自信を持って言えます。この世で1番好きな曲もandymoriの曲です。このバンドの話をいつか文章にしたいなと思っていたので、今日はandyの話をしたいと思います。

私が初めてandyの曲を聞いたのは、中学2年生の時でした。まだipodなどが無かった頃だったので 持ち運びできる簡易CDプレイヤーを一生懸命持ち歩いて聞いていました。友人が数枚CDを貸してくれた中の1枚がandymoriの「アンディとロックとベンガルトラとウィスキー」。10年以上前のことなのに、初めて聞いたときのことは今でも何故か鮮明に覚えています。日曜日の昼、他ごとを考えながら家のトイレにCDプレイヤーを持ち込みました。適当に曲を聞こう~~と思ってCDを再生して、最初に流れてきたのは「andyとrock」。ぼーっとしながら聞いていたはずなのに、曲が終わる時には 興奮して動悸がすごい…!!!すごく短い曲ですが、一瞬で自分の中に強い衝撃が走りました。目の奥がバチッと光るような不思議な感覚。漠然と、自分の聞きたかった音楽はコレだったんだと、分かるはずもないのに本気で思いました。トイレの中で何回も何回も再生して、ものすごくドキドキしていたのを思い出します。田舎の中学生の脳では、歌詞の意味もいまいち砕けません。andyとrockってタイトルもいまいち意味が分かりません。でも、当時 間違いなく私はこのバンドを好きになると直感で感じました。その通り、数十年経った今でも1番好きなバンドです。それぐらい、andymoriの曲はすごかった。多感期な私の中心になっていきました。

学生の頃は自転車で30分以上かかる場所へバイトに行っていたので、夜中にフラフラと自転車にのって帰宅するのが日課でした。30分もたっぷり好きな音楽をきいて帰れる時間は1日の中でも1番好きな時間で、毎日毎日飽きもせずandyの曲を聴きました。夏はFOLLOW MEを聞いて全力で風をきったり、ハッピーエンドを聞きながらセンチメンタル気分でゆっくり帰ったりしていました。

高校生の時、アルバムの「革命」発売日の日はたしか テスト期間。どうしてもタワレコ限定の革命缶バッチが欲しいのと、1秒でも早く新曲が聞きたくて 学校が終わった後、制服のまま全力疾走で岐阜駅に向かいました。当時タワレコは、車移動しなければ行けない距離にしかなく 自分の足で行けるタワレコは名古屋駅しかありません。テストの予習もそっちのけで、電車に飛び乗って 汗だくになりながら名古屋タワレコまで走ります。発売したてのCDを無事購入し、缶バッチも手に入れて最高な気分で帰りの電車に乗りました。本当にCDのためだけに名古屋に来たので、滞在時間は30分もなかったと思います。帰りの電車はぜんぜん人が乗っていなくて、すぐCDのビニールを剥がして 電車に揺られながら歌詞カードを端から端まで読みました。後にも先にも、あそこまでCDのために全力で行動を起こしたことはないと思います。帰宅後、CDを1枚全部きいてから 夜中までテスト勉強をしましたが 点数は聞くまでもないですね!いいんです、それよりもきっと大事な経験をしました。

まだandymoriが「CITY LIGHTS」をライブでたくさん歌ってくれていた頃。制服のままライブへ行って、お酒も飲んだことないのに ウィスキーへの歌詞に思いを寄せたり、気持ちが高ぶりすぎて泣きながらライブを見たりしました。ライブが楽しすぎて、友人と名古屋のコインロッカーに制服を忘れて 次の日の学校を休んだこともありました。andymoriを好きになっていなければ、ここまで音楽友達は増えていなかっただろうなと思います。いろんな人に言っていますが、andymoriを好きな人に悪人はいないと思います。ずっと言い続けてる。

いつかのライブ後にメンバーに直接お話しする機会があって、もう好きすぎて「だいすきです!!!!!ほんとうに心の底からすきです!!!!!」しか言葉がでてきませんでした。サインをもらって壮平くんにハグしてもらって、もう人生の運を使い果たしたと思います。死んでもいいと思えるぐらい幸せでした。

メンバーが変わっても、歩道橋から飛び降りても、解散しても、私はandymoriが好きです。変わりません。繊細で芯のある曲に何度も何度も救われました。どんどんまとまらなくなってきた、気持ちに言葉が追いつかない。もう理屈とか理論とかではなくて、好きなんです!!!好き!!!!伝わってほしい!!!!!!

ちなみに私がこの世で1番すきな曲は「Peace」です。この世の全てがココに詰まってるって思ってます。歌詞載せておこうかな。

大好きなCDをかけて

あの頃に帰ろう

まだ怖れも知らなかった

無邪気なあの頃に

恋人よあなたのことを

愛さない日はない

明日も百年後も

好きだよ好きだよ

本当の心 本当の気持ち

本当の心 本当の気持ち

母さんあなたの輝きを

僕は忘れないよ

父さんあなたの悲しみを

僕は知りたいのです

友よただ君のための

僕で在りたかったんだ

君のように美しく

在りたかったんだ

本当の心 本当の気持ち

本当の心 本当の気持ち

弟よ二人でじゃれた日々が

懷かしいんだ

姉さん会いたいよ

いつでも思ってるよ

こんな儚い世界の中に

信じた歌がある

こんな儚い世界の中に

信じた人がいる

泣けてくる。この曲がわたしの全てです。思っていることの全てが詰まっています。

 

とても長くなってしまいました、ここまで読んでくださってありがとうございます。すごい熱量で文章を書きました。忘れたくないこと、思ってること、アウトプットできました。最後に動画を貼っておくので、よければ 聴いてみてください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です